離島に海に入ろう

水着の準備を忘れないこと

海に行くなら、水着を用意しなければいけません。
旅行の目的によっても、荷物が変わると覚えておきましょう。
最低限水着があれば海で遊ぶことができますが、他にも用意していた方が満喫できると思います。
泳ぎが苦手な人は、浮き輪を持って行くと良いでしょう。
最近は大人用の浮き輪も販売されているので、自分に合うサイズを選択してください。

また目を守るために、ゴーグルをつけるのがおすすめです。
ゴーグルをしなくても、海の中で目を開けられる人がいるでしょう。
しかしバイ菌が侵入してしまう可能性があるので、気をつけなければいけません。
ゴーグルをして泳いでいれば、バイ菌の侵入を防げます。
病気にならないよう、対策をしましょう。

日焼けに注意しよう

離島の海で1日中遊んでいると、日焼けをしてしまう可能性があります。
日焼け止めクリームを塗ってから、遊ぶようにしてください。
海に入る場合は、水に濡れても簡単に落ちないタイプの日焼け止めクリームがおすすめです。
また、場所によってはビーチパラソルなども持って行って良い決まりになっています。
疲れたら日陰で休憩できるよう、ビーチパラソルの持ち込みが許可されているのか調べましょう。

帰る時は、きちんと砂を落としてください。
離島の海には、シャワーが備わっていないことが考えられます。
事前にペットボトルに水を入れて、持って行きましょう。
足を洗い流すぐらいだったら、500ミリリットルのペットボトルがあれば十分です。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る