必要な荷物を調べておこう

基本的に衣類は着回そう

衣類をたくさん持って行くのは、おすすめできません。
荷物を減らすことで、移動する時の負担を軽減できます。
2日から3日分の衣類を持って行き、現地で洗濯しながら着回しましょう。
また訪れる離島の気温も、よく調べてください。
常に気温が高くなる場合は、上着は必要ないでしょう。
半袖のトップスを持って行けば、快適に観光したり体験したりできると思います。

逆に寒くなる場合は、パーカーやカーディガンを持って行ってください。
コンパクトに折りたためるものだと、暑くなった時にカバンにしまいやすいので便利です。
荷物を減らすため、気温が良い日を選択して離島に行くのが良い方法です。
天気予報を見ながら、旅行の計画を考えてください。

歩きやすい靴を履いて行こう

履き慣れていない靴で長時間歩くと、足が痛くなります。
旅行の初日から足を痛めると、それから旅行が辛くなるでしょう。
普段履いている靴なら慣れているので、長時間歩いても足を痛めることはないです。
新しい靴を履いて旅行に行く人は、事前に履いて歩く練習をしてください。
練習すれば慣れるので、大丈夫だと思います。

離島の様々な場所を刊行するために、歩き回る計画を立てている人がいるでしょう。
そのような人は、スニーカーがおすすめです。
スニーカーは靴底が低いので、足に負担を与えにくいです。
ヒールがある靴は、足に負担を与えるので歩き回る時に向いていません。
オシャレをしたい気持ちもわかりますが、負担を与えないことを優先しましょう。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る